2011年04月30日

日本の将来のエネルギーを考える

東日本大震災で、今最も深刻な問題が
原発問題です

様々な事はありますが、

しかし、原発問題は日本だけの問題だけでなく
全世界的な問題として考えなければなりません

特に、福島原発の問題は、
30年後、50年後の日本のエネルギー問題を考える上に
おいても重要な問題提議をしていると思います

このまま、原発に頼るのか?
それとも、他の方法を探すのか?

すぐに結論が出る問題ではないですが、
しかし、真剣に議論するべき問題ですし、
一部の人間だけが討議して、決定されるべき
問題でもないと思います。

なぜならば、電気の問題は
即ち、私達の日々の生活に直結して来る問題なので
私達の意識の変革をしなければ
決して解決できる問題ではないと思います

そして、もっと言うのならば
今私達の日常生活で、電気の無駄遣いの生活を
いかに省電力の生活に変えて行く事が出来るのかは

最終的には、私達の意識だと思います

誰かがしてくれるのではなく、
まずは私自身から、省電力の生活を率先する事が
重要ではないのでしょうか?

posted by 日本人 at 11:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

新しい日本の姿

確かに、東京に全ての機能が集中している事は、

危機管理から考えても、あまりにもリスクが大きいと思います



そこで、大阪にも首都機能を補完する役目を担わせることも

大事だと思いますが、

それよりも、いっそのこと



これを機に、道州制を全国に展開し、

東北ならば、宮城・仙台を中心に

地元の役人が、地元の住民の声を

聞いて迅速、復興計画を立てる方が

どれほど効率的でしょうか?



中央集権的に行政を行うと、

地方の声がなかなか届かなく、

中央の役人の意思ばかりが優先させられ

完全にミスマッチの、復興計画など

税金と時間の無駄遣いです



地方の事は、地方に任せなくては、

地方の独自性も生かされず、

大都市集中で、過疎化がさらに加速することでしょう



もっと地方に権限を委譲し、地方に合った

行財政計画が必要だと思います



頭の固い役人には、そろそろ退いてもらい

新しい発想ができる役人を登用し



日本を再生させて欲しいものです


posted by 日本人 at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

終末の兆候 続編

2月頃に終末の兆候という題で
数回投稿しましたが、

まさか、このような事が現実に起こり、

終末を実感させられる事ですが、

しかし、このような時であればあるほど、
何をしなければならいのでしょうか?

様々な事件・問題が起こって来ると
当然に、私達も神経が高ぶり
常軌を逸する行動や、発言をしがちですが

けれど、良く良く考えれば
神経が高ぶっている時こそ、
冷静にならなければならないと思います

そうでなければ、事の本質が見落とされてしまうのでは・・・

苛立ち、周りに罵声を浴びせたとしても
誰も喜びもしないし、かえって人を傷つけてしまいます

終末になれば、私達の人間性が見えてくる
怖ろしい時なのかもしれません

だから、今まで以上に、周りの人たちの為に
生きる生活をする事が重要だと思います
posted by 日本人 at 10:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。