2011年11月08日

昨日のテレビ討論会を見て

昨日、夕方PM5:00から

今回の大阪ダブル選挙の立候補者が集まり

維新の会vs反維新の会という図式での

席順で、討論をしていましたが、



私の個人的な見方は、

現大阪市長は、役人が作った原稿をそのまま発言しているだけ

のように感じ取れました

今までの実績というか? 上がってきた数字を

そのまま発言していて、全く聞いている側には響いてきませんでした



それに、橋下候補から、4年間で残した実績の数字に対しても

大阪市だけの数字ではなく、大阪府全体の数字だと

突っ込まれていて、反論できていませんでした。



所詮、神輿に担ぎ上げられただけなので、

言葉の力が感じられません

以前は、毎日放送のニュースキャスターだった方ですが、

自分の言葉ではない、



大阪市役所の役人が作った原稿の棒読み



それに引き換え、

橋下候補は、テレビ・マスコミ慣れしているにしても

一言一言の言葉に訴えかける、

言葉の力を感じました



そして、1つおかしな構図は

大阪府知事選挙の立候補者で

反維新の会の立場であるはずの

倉田候補が、親橋下派であるのが

どうも理解できません



基本的には、今までの橋下府政の継承を訴えている



私から言わせれば、維新の会とほぼ同じでしょう!!!



それなのに、反維新の会と共闘すること自体、

既存政党の力の無さであり、府民・市民に対しての

強烈なメッセージのない証拠です



それこそ、既存政党が大阪を骨抜きにしてしまった

張本人であると考えます



posted by 日本人 at 12:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。